教育・研修体制

未経験の方でも
希望を持って第一歩を踏み出せる教育体制があります

教育体制 ~新入スタッフの教育ステップ~

成田空港でのグランドサービスに長い経験と実績を持つWASSCOには、新しい仲間にグランドスタッフとしての第一歩を安心して踏み出してもらうための教育ノウハウがあります。

  • Step.1

    導入教育
    1日~1.5日

    ビジネスマナー、グランドスタッフの心構え、航空知識、エアライン業界用語などを学びます。

    きょうからあなたも航空業界の一員です。

  • Step.2

    初導教育(イニシャルトレーニング)3日間

    DGR(Dangerous Goods Regulations)教育IATA(国際航空運送協会)のDGR(航空危険物規則書)について学びます。
    航空保安教育航空の安全について学びます。
    接客マナーの5原則WASSCOの接遇の基本について学びます。「臨機応変に」「自発的に」「コミュニケーション能力を磨く」・・・グランドスタッフへの入り口に立ちます。
    SOP(Standard Operating Procedures)教育どのようなサービス業務がどのようなフローで提供されているのか、現場のオペレーションについて学びます。
  • Step.3

    OJT(経験者の場合は期間短縮)15日間

    配属先の航空会社チームに加わり、チェックインカウンターでOJTを行います。先輩スタッフが担当トレーナーにつきますが、チーム全員がフォローしてくれますから安心して仕事を覚えてください。

メッセージ

教育期間中は、「こんなこと聞いたら恥ずかしいかも」ということもどんどん聞いてくださいね。何でもウェルカムです。いっぱい恥をかく人ほど成長すると考えています。

接客は、気配り・気遣い・気働きです。頭で覚えるだけではなく、現場で身につけて発信することが大事。業務マニュアルに書いてあるのはほんの一部です。研修ではぼんやりとしかわからないことが、現場に立ってから次第にクリアになっていきます。

研修で学んだことを実践し、よりよいサービスが提供できるように頑張りましょう。

教育担当 竹尾 きほこ

(スーパーバイザー)